‘相続放棄’

相続放棄相談事例 (東京都豊島区)

2017-06-14

  【相談内容】 祖父が亡くなったのですが、相続人は10人以上いるようです。財産を私の父のみに相続することになっているのですが、他の相続人達は皆、遠方に住んでおり遺産分割協議書に押印してもらうのが困難です。また、財産を取得しない相続人達にできるだけ手間をかけないようにしたいのです。どうすればよいでしょうか。 【解決方法】 相続人全員での遺産分割協議にかえて、財
続きを読む >>

【相談内容】 故人が使用していた日用品を処分してしまったのですが、相続放棄できますか?

2016-05-11

相続放棄事例 (東京都北区) 【相談内容】 故人が使用していた日用品を処分してしまったのですが、相続放棄できますか? 【解決方法】 日用品などの一般的に資産価値がない相続財産に関しては処分・使用したとしても、当然に相続を承認したことにはならず、相続放棄をすることができます。 相続放棄事例
続きを読む >>

【相談内容】 故人名義の預貯金を葬式代に使用してしまったのですが、相続放棄できますか?

2016-05-11

  続放棄事例 (東京都練馬区) 【相談内容】 故人名義の預貯金を葬式代に使用してしまったのですが、相続放棄できますか? 【解決方法】 遺産から葬儀費用を支払ったとしても、相当の範囲内での使用であれば、相続を承認したことにはならないとされています。つまり、この場合は相続放棄することができます。 ただし、不相当に豪華な葬儀を行った場合等は「相続財産の処分行為」と
続きを読む >>

【相談内容】  財産を処分した後で借金があることが分かりました。その場合相続放棄はできますか?

2016-05-11

  相続放棄事例 (東京都練馬区) 【相談内容】 財産を処分した後で借金があることが分かりました。その場合相続放棄はできますか? 【解決方法】 既に相続を承認したことになります。相続が始まり、熟慮期間内に売却など相続が始まり、熟慮期間内に売却など財産の処分を行うと、既に相続を承認したことになり、相続放棄はできません。民法では、相続人のいくつかの行動を単純承認した
続きを読む >>

【相談内容】 亡くなった方に借金があったかどうか調べる方法はありますか?

2016-05-11

  相続放棄事例 (東京都豊島区) 【相談内容】 亡くなった方に借金があったかどうか調べる方法はありますか? 【解決方法】 まずは、亡くなった方(被相続人)の保管していた書類や郵便物などをよく調べてみる必要があります。借入れの契約書類や、利用明細、督促状などがあるかもしれないからです。 また、『信用情報機関』に対し、亡くなった方の個人信用情報の開示請求をすると
続きを読む >>

【相談内容】 遺産分割の協議をした後に相続放棄することはできますか?

2016-05-11

続放棄事例 (東京都豊島区) 【相談内容】 遺産分割の協議をした後に相続放棄することはできますか? 【解決方法】 原則として遺産分割協議をした場合、当然に相続を承認したものとみなされ、相続をすることができなくなります。 しかし、亡くなった方(被相続人)に多額の借金があったことがその後になって判明したような場合には、その借金の存在を知った時から3か月以内であれば、相続放
続きを読む >>

【相談内容】  認知症の母は相続放棄できますか?

2016-05-11

  相続放棄事例 (東京都板橋区) 【相談内容】 認知症の母は相続放棄できますか? 【解決方法】 相続放棄は本人又は法定代理人からしか申立てることができません。認知症の方が相続放棄をするには、成年後見制度を利用する必要があります。具体的には、まず後見開始の審判の申立てをして成年後見人を選任してもらい、その後見開始の審判がされた日から3ケ月以内に相続放棄の手続きを
続きを読む >>

【相談内容】  相続放棄をしないとどうなるのですか?

2016-05-11

相続放棄事例 (東京都北区) 【相談内容】 相続放棄をしないとどうなるのですか? 【解決方法】 相続放棄をしなかった場合は、通常の相続となり、被相続人(亡くなった方)の資産も負債も、すべて各々の相続分に応じて相続することになります。負債を相続するということは簡単に言うと「被相続人(亡くなった方)の借金の返済義務を引き継ぐ」ということです。 なお、資産は相続人同士の
続きを読む >>

【相談内容】 相続人が未成年の場合でも相続放棄はできますか?

2016-05-11

相続放棄事例 (東京都練馬区) 【相談内容】 相続人が未成年の場合でも相続放棄はできますか? 【解決方法】 その未成年者と親が共同相続人であり、未成年者のみ相続放棄をすることは利益相反行為にあたるため、親がその未成年者を代理して相続放棄することはできません。この場合は裁判所で「特別代理人」を選任する必要があります。その未成年者と親が同時に相続放棄する場合や、未成年者のみ
続きを読む >>

【相談内容】 相続放棄をすると、生命保険金も受け取れないのでしょうか?

2016-05-11

相続放棄事例 (東京都豊島区) 【相談内容】 相続放棄をすると、生命保険金も受け取れないのでしょうか? 【解決方法】 生命保険金の受取人が誰になっているかで異なります。 保険金の受取人が「特定の方の名前」や「相続人」となっている場合には、保険金はそのまま受け取ることができます。 生命保険金はあくまで受取人の方の固有の財産となりますので、その保険金は相続財産には含まれないからで
続きを読む >>



<< 前の情報を見る

相続遺言に関する無料相談予約|TEL:03-5246-4871|相談受付時間:9:00~21:00(平日) 土日祝日相談も対応可能です ※要予約

マンガで分かる相続放棄
マンガで分かる相続登記

お気に入りに登録

相続が発生したら|相続手続きはこちら

相続トラブルを防ぐ|相続対策はこちら

コンテンツメニュー

最近のWebコンテンツ

Webコンテンツ・月別

Webコンテンツ・カテゴリー

人気Webコンテンツ一覧

アクセスマップ

運営:髙橋法務事務所

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-11-1
明王ビル3階

上野の司法書士による相続・遺言無料相談

9:00-21:00 (土日祝日応相談)

池袋駅 徒歩 5分

アクセスマップはこちら

  • 事務所サイト
豊島区で相続対策をするなら高橋法務事務所。 「豊島区 相続」、「相続 豊島区」、「豊島区の司法書士事務所」等で検索! 豊島区の皆様の相続を誠心誠意お手伝いをさせていただきます。
  • 事務所サイト
過払い金請求・債務整理は豊島区の司法書士。過払い金請求・債務整理のご相談など、お気軽にご相談ください。

TOPへ戻る