相続放棄をしたかったが、遺言書があった場合の相談事例

相談内容

 

父が亡くなって兄弟3人で集まって今後のことを話し合っていたときなんですが、長男が遺言書が出てきたと言ってこれをもってきました。

内容は実家建物、預貯金500万円を兄弟3人で分けるようにというものなのですが、父は生前銀行からかなりの借金をしていたようで、次男の私と三男の弟は相続については放棄といいましょうか、関わらないようにしたいのですが、遺言書がある以上そのとおりになってしまうものなんでしょうか?

ただ私たちとしましては、親の借金を背負うのは困るというのが実情なんです。長男の兄は放棄せず相続したいと言っており、その場合遺言の効力はどうなるんでしょうか?

 

解決方法

 

相続放棄は親の借金等の負債で子供が苦しまないように、相続人にならないという趣旨の制度ですので、相続人でいらっしゃる次男様と三男様は相続放棄をする権利がありますので、家庭裁判所に申述することによって相続放棄ができます。

こちらの申述については実際は書面の提出になるのですが、原則被相続人がお亡くなりになってから3ヶ月以内にしなくてはならないという法律になっております。

遺言の効力ですが、なくなるわけではありませんが、内容を精査しますと3人で分けなさいということですから、結果的に長男様が一人で相続する内容になります。

 

相談後

 

相続放棄という制度を理解していただきました。また長男様も、お父様の遺言書の意図にも沿った結果になることをご理解いただき、相続放棄手続き及び相続登記手続きを受任させていただきました。

人気のWebコンテンツはこちらです

相続放棄の最新記事

  • 相続・遺言のことなら私達にお任せください!TEL:03-5246-4871|ご相談受付時間:平日9:00-21:00 土日祝日相談も対応可能(要予約)

    ご相談の流れはこちら

  • 相続する為の手続きをスムーズに済ませたい・公平で納得のいく遺産分割をしたい!|相続発生後の手続が必要な方はこちら

    遺族が自分の遺産を巡ってトラブルに・・・そんな相続トラブルを防ぐ為に対策をしたい!|生前対策をご検討の方はこちら

  • 相続遺言に関する無料相談予約|TEL:03-5246-4871|相談受付時間:9:00~21:00(平日) 土日祝日相談も対応可能です ※要予約

    マンガで分かる相続放棄
    マンガで分かる相続登記

    お気に入りに登録

    相続が発生したら|相続手続きはこちら

    相続トラブルを防ぐ|相続対策はこちら

    コンテンツメニュー

    最近のWebコンテンツ

    Webコンテンツ・月別

    Webコンテンツ・カテゴリー

    人気Webコンテンツ一覧

    アクセスマップ

    運営:髙橋法務事務所

    〒171-0022
    東京都豊島区南池袋2-11-1
    明王ビル3階

    上野の司法書士による相続・遺言無料相談

    9:00-21:00 (土日祝日応相談)

    池袋駅 徒歩 5分

    アクセスマップはこちら

    • 事務所サイト
    豊島区で相続対策をするなら高橋法務事務所。 「豊島区 相続」、「相続 豊島区」、「豊島区の司法書士事務所」等で検索! 豊島区の皆様の相続を誠心誠意お手伝いをさせていただきます。
    • 事務所サイト
    過払い金請求・債務整理は豊島区の司法書士。過払い金請求・債務整理のご相談など、お気軽にご相談ください。

    TOPへ戻る