相続Q&A76

Q76
旧法当時、養子がさらに他人の養子となる縁組によって、当事者間及びその近親者間にどのような効果が生じますか?また、戸籍上第一養親及び第二養親と養子との縁組に関する記載はどのようになされていますか?

A76
旧法当時、養子縁組によって他家から入った者が、さらに養子縁組によって他家に入っても、既成の養親子関係及びその他の養親族関係は消滅しませんでした。これは現行法上も同じです。
また、転縁組をしても、第一の養子縁組による養親子関係が継続するので、第二の養子縁組による養子の入籍戸籍には、第一の養親子関係を有する旨も記載されます。この場合、養子の事項欄には第一の養親の表示も併せて記載されます。しかし、養子の氏名欄右側(養父母欄と養父母との続柄欄)には、最後(第二)の養親の氏名と続柄のみが記載されます。これは、現行法上も同じです。

(相続Q&A76)

人気のWebコンテンツはこちらです

相続の最新記事

  • 相続・遺言のことなら私達にお任せください!TEL:03-5246-4871|ご相談受付時間:平日9:00-21:00 土日祝日相談も対応可能(要予約)

    ご相談の流れはこちら

  • 相続する為の手続きをスムーズに済ませたい・公平で納得のいく遺産分割をしたい!|相続発生後の手続が必要な方はこちら

    遺族が自分の遺産を巡ってトラブルに・・・そんな相続トラブルを防ぐ為に対策をしたい!|生前対策をご検討の方はこちら

  • 相続遺言に関する無料相談予約|TEL:03-5246-4871|相談受付時間:9:00~21:00(平日) 土日祝日相談も対応可能です ※要予約

    マンガで分かる相続放棄
    マンガで分かる相続登記

    お気に入りに登録

    相続が発生したら|相続手続きはこちら

    相続トラブルを防ぐ|相続対策はこちら

    コンテンツメニュー

    最近のWebコンテンツ

    Webコンテンツ・月別

    Webコンテンツ・カテゴリー

    人気Webコンテンツ一覧

    アクセスマップ

    運営:髙橋法務事務所

    〒171-0022
    東京都豊島区南池袋2-11-1
    明王ビル3階

    上野の司法書士による相続・遺言無料相談

    9:00-21:00 (土日祝日応相談)

    池袋駅 徒歩 5分

    アクセスマップはこちら

    • 事務所サイト
    豊島区で相続対策をするなら高橋法務事務所。 「豊島区 相続」、「相続 豊島区」、「豊島区の司法書士事務所」等で検索! 豊島区の皆様の相続を誠心誠意お手伝いをさせていただきます。
    • 事務所サイト
    過払い金請求・債務整理は豊島区の司法書士。過払い金請求・債務整理のご相談など、お気軽にご相談ください。

    TOPへ戻る